古希や喜寿などに贈る両親へのプレゼントをお探しの方へ

tel:075-781-7091|fax:075-721-3040|お問合せ受付:9:00〜18:00 info@picassoland.com|24時間受付中

贈る方の真心や感謝が伝わる、似顔絵入りプレゼント。
還暦祝い、結婚式、退職祝いに、驚きと笑顔をお届けします。

古希は70歳、喜寿は77歳。どちらも人生の節目ですので、家族みんなでお祝いしましょう。古希という字は、唐の詩人杜甫の詩「人生七十古来稀なり」に由来します。「70年生きている人は古くから稀」というわけですから、当時は70歳を超えるということが、いかにおめでたいことだったかわかります。喜寿という字は、喜という字が草書体では七を三つ重ねた形であることから、呼ばれるようになりました。いずれにしても、大正、昭和、平成という激動を生き抜いた時代の生き証人ですから、人生経験に敬意を表した贈り物をしたいものです。お祝いの品には、ご尊顔を配したこんなプレゼントはいかがでしょう?

種類から選ぶ

古希・喜寿のお祝いに贈った方の感謝の声がたくさん届いています!

古希、喜寿の祝い方とマナー

70歳の長寿祝いが古希、77歳の長寿祝いが喜寿です。どちらもご両親やおじいさま、おばあさまに日頃の感謝をお伝えできる機会ですから逃さないようにしましょう!遠くに住んでいたりしてなかなか会えない方こそ、よいチャンスです。お祝いの仕方についてまとめてみました。

お祝いはいつする?

古希のお祝いは70歳、喜寿のお祝いは77歳に行います。古くは数え年で祝われていましたので、満年齢69歳、76歳の年にお祝いしていました。しかし最近は数え年より満年齢の方が一般的ですから、還暦も誕生日を起点に満年齢60歳でお祝いする方が増えています。

古古希や喜寿も、数え年にこだわる方でなければ誕生日を起点に考えて問題ありません。特に、いつまでに何をすると縁起が良い/悪いといったしきたりはありません。誕生日の前後の休日、敬老の日、家族が集まりやすい盆や正月などを選ぶと良いでしょう。

ご祝儀、プレゼントについて

両親や祖父母へのプレゼントなら1万円から、親戚や恩師などその他の方の場合は5千円からが多いと言われていますが、宴席を開いて花束と手紙だけという方もいますし、20万円の旅行をプレゼントする方まで様々。

兄弟の連名で大きなプレゼントをする場合も多く、実際には相場と言えるような金額は出しにくいです。目上の方に贈るものですから、あまり金額にはこだわらなくても良いという風潮です。気持ちが伝わるような記念品も良いですね。

現金を包んでもかまいません。普段会わないけれどお世話になった人、親戚だけれど個人的に付き合いはない人…など、お招きを受けたものの相手の趣味がわからない、という状況もあるでしょう。プレゼントだと「はずす」心配がある方は、無理しない方が無難です。

古希、喜寿のお祝いの色は紫

古希、喜寿の時に使われる色は、ともに紫色が縁起が良いとされています。紫は、古今東西で高貴な人の衣装に使われてきた色です。江戸時代までは、僧侶が紫色の袈裟をまとうには天皇陛下の勅令が必要だったほど、特別な色でした。還暦と同じく、紫色のちゃんちゃんこ、帽子、座布団などが色々なお店で売られています。その場でしか使えないちゃんちゃんこはちょっと…と思われるなら、扇子などの小物、紫色のバラ、紫色の切り子グラスなんていうのも素敵ですよ。

古希・喜寿のお祝いに贈る おすすめサプライズプレゼント!

お酒が好きな方にぜひおすすめしたいのが、当店自慢の似顔絵祝い酒。こんな似顔絵と感謝の言葉を添えられていたら、開けた瞬間ビックリ、ニッコリ。「似てる!すごい!」と祝宴の場もさらに盛り上がります。中身のお酒にもこだわりました。京都伏見の老舗蔵にお願いした厳選の大吟醸ですので、長年おいしいお酒をいただいて肥えた舌でも、思わず唸る美味しさです。飲んだ後のお酒のラベルを保存できる、ジャストサイズのフォトフレームもプレゼント。還暦祝い、退職祝い、開店祝い、誕生祝いなど、様々なシーンに似合うお酒です。

ラベルのデザインも豊富。動物などのイラストも追加できます!

似顔絵サンプル

文字は豊富なデザインテンプレートからお選びいただけます。イラスト2点(人物、動物、建物、乗り物、風景など)までは追加料金なし。2点目以降は、1点につき追加料金2,160円にて承ります。ペットと一緒に、趣味を表現、など、贈る方の個性に合わせられます。イラストの衣装は、古希と喜寿のおめでたい色である紫の羽織と紫の帽子、モーニング姿など、自由に選ぶことができます。

似顔絵サンプル

長寿王国の日本では70、77歳といっても、多くの方々がまだまだお元気でこのお祝いの日を迎えられています。古希・喜寿のお祝いで大切なのは「おめでとう」「ありがとう」の気持ちです。日頃の感謝の気持ちを伝えたいものです。なかなか身近な方には直接言いにくいものです。そんな気持ちがプレゼントと一緒に伝わる贈り物です。ピカソランドが展開するオリジナルギフトは、大切な方のこれからの人生が明るくステキな時を送れることを願って制作しております。

店長からのメッセージ
出産祝いのタイミングに関して
名入れギフトならこちらのサイトを見ては?

古希、喜寿の由来とまめ知識

70歳の長寿祝いが古希、77歳の長寿祝いが喜寿です。定着していますが、実は発祥地も年代も、あまりはっきりしたことがわかっていません。共に日本では室町時代に広まったと言われています。今よりずっと寿命が短かった時代、古希も喜寿もとてもおめでたいものでした。

古希の由来と、名前の意味

古来中国では、40歳から10年ごとに長寿祝いをする習慣があり、それが伝来したのが日本の賀寿の始まりです。敦盛の有名なフレーズ「人間五十年…」が人の一生を表していたように、現代よりずっと寿命が短かった時代、40歳まで生きることは喜びだったのですね。70歳ともなれば大変めでたいことでした。

古希祝いの発祥は、中国か日本かはっきりしませんが、日本で定着したのは室町時代と言われています。名前の由来は、8世紀の唐時代に生きた詩人、杜甫の詩『曲江』に由来します。詩の一部である「人生七十古来稀なり」(=70年も生きる人は昔から稀である)から取られています。中国の詩歌界において杜甫は最高の存在といわれ、日本文学にも影響を与えています。17世紀の人である松尾芭蕉も杜甫の崇拝者でしたから、今より杜甫は身近な存在だったのかもしれません

喜寿の由来と、名前の意味

喜寿が日本に定着した時期は、古希と同じく室町時代と言われています。古希も喜寿も、発祥は中国か日本かはっきりしません。江戸時代の平均寿命ですら40~50歳だった(※諸説あります)と言われていますし、室町時代はもっと短いでしょう。日本への伝来からさらに遡った時代の中国で、70歳や77歳のお祝いが一般的だったとは考えにくいため、寿命が延びてきた後世になって日本で独自に作られたのではないかと言われています。

名前の由来は、「喜」の字を草書体で書くと「七十七」となるため。草書体というのは、欧文における筆記体のようなものです。速く書けるよう、省略や続け書きなどをして崩した字体のことです。原型を留めないほど独特の崩し方がされるので、一字一字に対する知識がないと読めません。しかも、複数の形があるため、「七十七」ではなく「七七七」と七を三つ重ねて「喜」と読ませる例も存在します。七七七だと77歳にはなりませんが、ラッキーセブンでこちらも何だかおめでたいですよね。

お祝いのシーンから選ぶ