喜寿祝いの由来やルールとともにおすすめプレゼントをご紹介

tel:075-781-7091|fax:075-721-3040|お問合せ受付:9:00〜18:00 info@picassoland.com|24時間受付中

贈る方の真心や感謝が伝わる、似顔絵入りプレゼント。
還暦祝い、結婚式、退職祝いに、驚きと笑顔をお届けします。

マナーとルールを踏まえて
喜んでもらえる喜寿祝いのプレゼントを!

喜寿祝いは、七十七歳のご長寿を祝う特別な記念日です。七十七歳ともなると、お孫さんに恵まれている方も多いでしょう。増えた家族みんなからお祝いしてもらえるのは、何よりも嬉しいもの。ぜひ盛大にお祝いしてください。ここでは、喜寿祝いのマナーとプレゼントの選び方をご紹介します。

喜寿祝いとは?名前の由来

喜寿祝いは77歳の長寿祝いです。
もともとご長寿を祝うという習慣は中国から伝来したものです。特に盛大に祝われる還暦は、中国の暦の数え方を由来としています。十干と十二支を組み合わせた十干十二支で暦が一巡し、60年で「本卦還り」することから、ここを大きな節目としていました。次第にそれが長寿祝いとなり、10年ごとのお祝いが誕生。日本に伝わって室町時代に定着、江戸時代には爆発的に庶民にも広まったと言われています。

それでは喜寿祝いの77歳という年齢はどこからきたのでしょう。ゾロ目の年は他にもありますしすぐに80歳の傘寿がくるのに、なんだか中途半端な感じもしますよね。「喜寿祝いの由来」としてよく知られているのは、「喜の字の草書体が七をみっつ重ねたように見えることから」、というものですが、それってあまり由来の説明になっていないような気もします。順序が、逆ですよね…。
残念ながら、喜寿の正確な由来、発祥地や年代は明らかではありません。しかし、還暦や古希は中国発祥、喜寿は日本発祥で、江戸時代には既にあったというのは確かなようです。

七は「多い」という意味に使われる

なぜ77歳にフォーカスするのかについては、日本語の中にヒントがあるように思います。日本には七を使った言葉がたくさんあるのです。例えば、「七福神」「七転び八起き」「一死七生」「色の白いは七難隠す」「親の七光り」「男は敷居を跨げば七人の敵あり」など。共通するのは、七が「多いこと、繰り返すこと」を表現している点です。もともと日本人が七に持っている多いというイメージがあったことと、草書体の喜の字が結びついて77歳をご長寿の節目として祝う習慣が作られたのではないでしょうか。

喜寿祝いのお祝いの色は、古希と同じ紫色

喜寿祝いの色は、紫色です。長寿祝いの色は次のようになります。

60歳(還暦)…赤色
70歳(古希)…紫色
77歳(喜寿)…紫色
80歳(傘寿)…黄色
88歳(米寿)…黄色
90歳(卒寿)…紫色
100歳(百寿)…白色

「お祝いの色」ってなんなの?と聞かれるとよくわかりません。「クリスマスといえば白・緑・赤」「都知事選の百合子グリーン」に近いイベントテーマカラーとでもいいましょうか。
還暦の赤は古来から魔除けの意味があり、命を表す色なので、健康を願う意味があります。
古希/喜寿/卒寿の紫色、傘寿/米寿の黄色は、それぞれ高貴な色として知られているので、ありがたい色でお祝いを華やかにしよう…という趣旨でしょう。

この色に揃えたちゃんちゃんこや大黒ずきん、座布団を用意して宴席で身につけていただくという習慣があります。しかし、現在はこれにこだわらない方も多いです。

喜寿祝いのマナーと、お祝いの仕方

長寿祝いのマナーは、還暦、古希、喜寿、いずれも同じです。
特にしきたりはありませんので、食事会と共にプレゼントをする、家族旅行を企画して旅先で祝う、遠方から寄せ書きやプレゼントを送るなど、いろいろなパターンがあって良いです。
ご長寿になると、なかなか自分では子どもたちや孫たちに会いに行くということが少なくなると思います。ですから、ご家族みんなが揃うことが何よりのお祝いかもしれませんね。無理に誕生日周辺にセッティングするのではなく、家族が揃いやすい年末年始やお盆などに宴席を設けるのもおすすめです。

喜寿祝いはお金?物?プレゼントの相場について

長寿祝いでは、お祝い金よりもプレゼントを選ばれる方の方が多いようです。もちろん、ご家庭によって様々でかまいません。趣味の物をよく買っているからお小遣いの足しにしてほしい、それが喜ばれるという場合はお金でもいいですよ!
祝金の相場はあまり明確ではありません。祖父母の場合で1万円〜3万円、両親の場合で2万円〜5万円くらいの方が多いです。
プレゼントの場合も相場はありません。ご家庭によって金額に幅が大きいです。花束と手紙だって素晴らしいプレゼントになりますし、子供達でお金を出し合って数十万円の旅行やマッサージ機を贈る方もいらっしゃいます。

喜寿祝いのプレゼントのヒント

高齢になると、物よりも心が嬉しいという方が増えてきますから、記念になるような物、メッセージ性のあるプレゼントが喜ばれます。生活がちょっと良くなるような物も、贈り主の優しい気持ちが伝わりますね。
贈り物は年寄り臭いものは避けましょう。
日本人の平均寿命は男性80歳、女性87歳ですが、平均値は0歳で亡くなる方も含めた数字なので、77歳が「先が短い」かというと全然そんなことはありません。65歳の方は、男性の四人に一人、女性の二人に一人が90歳まで生きる時代です。元気な方はとても元気。御年80歳でiPhoneをあやつり、パズドラ、ツムツムにはまってる方だっていますので。
年寄り扱いせずに「まだまだ先は長い。若々しく元気で!いつまでも家族の中心でいてね!」というメッセージを込めたプレゼントを選びましょう。

色は明るく。柄ものもおすすめ

お肌の色がくすんできたら、逆に明るい色を着ると若々しく見えます。黒、茶色、ベージュといったスタンダードな色も着こなし方によっては素敵なのですが、どうしても地味に年寄り臭い感じになってしまいます。体も小さくなってくるので、収縮色はより小さく見えてしまうのです。
喜寿のプレゼントは、ぜひ明るい色を選びましょう。男女ともに合うのは赤。女性ならピンクや水色、男性なら明るいオレンジやグリーンといった色も、実は高齢になるとよく似合います。
あまり派手なものを敬遠される方には避けたほうが良いですが、明るい色には気持ちを明るくする心理効果があります。柄ものも、上品に着こなしている高齢者はオシャレ上級者という印象でとても素敵なものです。

宅配などで送る時は、いつまでに送る?マナーは?

できれば直接お会いして渡せると良いですが、都合がつかない場合は宅配便で送ってもかまいません。送る際は、お祝いの席を設けることがわかっているならその1日か2日前までに着くようにします。問題は、特に宴席などがない場合。
数え年で祝う場合はその年のお正月がお祝いのタイミングですし、満年齢で祝う場合はお誕生日がお祝いのタイミングです。どちらが正しいという正解はないですが、最近では満年齢で祝う方の方が多いので、お誕生日の数日前までに着くように送ると良いでしょう。
宴席がない場合、ご旅行などで自宅にいらっしゃらない可能性もあります。直前ではなく少し余裕をもってお送りすると良いですね。

両親、祖父母におすすめの、喜寿祝いのプレゼント

ここからは喜寿祝いおすすめのプレゼントをご紹介します。 おじいちゃん、おばあちゃん、両親へのプレゼントの場合は、普段の暮らしを知ってる人ならではのプレゼントができますね。 「紫色」にこだわったプレゼントは、「古希祝いのプレゼントの選び方」ページにまとめましたので、それもぜひご覧ください!

羽毛のガウン

室内でダウンなんてと思われるかもしれませんが、一度使えば暖かさに手放せなくなります。冷え性で寝付けないお母様、書斎で長い夜を過ごされるお父様におすすめです。写真は男性用ですが、西川やグンゼなどから女性用のダウンガウンが出ています。

◎ウエルドン メンズ紳士ハーフ丈 羽毛ダウン(21,600円)
http://item.rakuten.co.jp/aquanew/46361298/

アメジストのアンティークブローチ

アンティーク好きな方におすすめ。ヴィクトリア女王統治時代に作られたアクセサリーは喜寿を迎える方よりもっと古いです。古風で優雅な大粒アメジストの美しさに吸い込まれそう!

◎ヴィクトリアン1890'sアメジスト&シードパール9金GOLDブローチ(47,000円)
http://item.rakuten.co.jp/auc-spooky/10004099/

誕生日の新聞

例えば1936年には、阿部定事件、東京オリンピック決定、西安事件、二・二六事件があります。濃厚です!記事欄だけでなく、テレビ欄や広告からも時代が伝わってきます。歴史を振り返り、ご家族で話がはずみそうです。一枚数百円で買えるもの、製本タイプのもの、いろいろな価格帯があります。

◎お誕生日新聞 記念日セット(26,600円)
http://shinbun20.com/

家族写真

写真をプレゼントにするのは少し物足りないと思われるかもしれませんが、家族全員の集合写真をきちんと写真館で撮ると、それなりに豪華です。また、家族は自分の歩みや人生の軌跡そのものですから、感慨深いものがあります。

◎家族の集合写真

生涯を添い遂げるグラス

どんな理由で割れようと、新しいグラスと交換してもらえる「生涯補償」付きのグラスです。グッドデザイン賞を受賞した持ちやすいくびれ、刷毛目を残して塗られた本漆の鮮やかさ、いずれも唯一無二の魅力があります。

◎生涯を添い遂げるグラス ロック本漆塗り(19,440円)
https://wiredglass.jp/

お財布

牛革に型押しした華やかな長財布。明るいきれいな色で、持つ人の気持ちもハッピーになりそうです。お財布は縁起物で買い替えていくのが良いと言われています。ボロボロのお財布を使っているお母様に、ぜひ!

◎SACURA 日本製 エナメル牛革 がま口長財布 「PELAGIUM」(11,880円)
https://www.amazon.co.jp/dp/B00UH8Z7FS

一番喜ばれる喜寿祝いのプレゼントは?

これまでの人生を讃え、日頃の感謝の気持ちを伝えるなら、世界にひとつだけの似顔絵や名前詩もおすすめです。
詩や絵を贈られる機会は少ないので、それだけでも驚きがあります。
「ありがとう」「大好き」「尊敬しています」などなかなか言えないストレートなメッセージも、プレゼントに託すと照れずに伝えることができますよ!

名前詩

お名の頭文字をとって作るオーダーメイドのポエムと、似顔絵を合わせて額装したアート。 ポエムはありきたりな言葉の組み合わせではなく、贈る相手の趣味やお仕事、これまでの歩みなどを伺って、オリジナルなものを作成。「自分のことをわかってくれてる!」という思いがぐっと強くなります。

◎似顔絵名前の詩(28,080円〜)
http://kanreki-originalland.com/poem/

似顔絵祝い酒

お酒好きな方にどうぞ!似顔絵入りのラベルをつけた高級大吟醸です。
桐箱には「感謝」や「ありがとう」などのメッセージ入り。
お酒を飲み終わったら、ラベルだけ剥がして額に入れて飾っておくことができます。ぴったりサイズのフォトフレームがあらかじめセットになっています。

◎似顔絵祝い酒(15,660円)
http://kanreki-originalland.com/iwaisake/

似顔絵時計

似顔絵と短いメッセージを入れた時計。メッセージ部分もオリジナルなものに変更可能。
似顔絵の衣装は、ドレス、スーツ、着物、ちゃんちゃんこ姿など、複数から選ぶことができます。
時計なら一日に何度も自然に目がいくので、いつも家族を感じていただけることと思います。

◎似顔絵時計(14,580円〜)
http://kanreki-originalland.com/clock/

メッセージ時計

手書きの筆文字メッセージと、写真を組み合わせた時計。追加料金2,160円で手書きの筆文字メッセージをオリジナルなものにすることもできます。 写真をスペースいっぱいに入れることができるので、家族の集合写真として使うのもいいですね!古希祝いの後で、集まった時の写真を時計にして贈るというのも良いでしょう。

◎メッセージ時計(16,740円)
http://kanreki-originalland.com/message-clock/

まとめ…喜寿祝いのプレゼントは、感謝のメッセージを込めて

77歳の喜寿祝いは、一生に一度のもの。ご長寿に感謝し、ご両親、おじいさま、おばあさまの人生の歩みを共に振り返ってみて下さい。自然と感謝の気持ちが湧いてくることでしょう。せっかくの機会ですから、日頃のありがとうをめいっぱい伝えたいですね!お手紙を書いたり直接伝えるのが苦手な方は、名前詩や似顔絵アイテムがおすすめですよ!

種類から選ぶ

お祝いのシーンから選ぶ